本文へ移動

ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「失敗もなんのその」な利久饅頭作りでした。

2010-12-07
11月の「クック倶楽部」は、当事業所の
倶楽部室で利久饅頭を作りました。

工程は、そんなに難しくはないんです。
ほんとに、粉を混ぜて、チンして、また混ぜて、
丸めて蒸すだけなんですが・・・

なんか膨らまないね?
「あれ!重曹入れた?」
「あら、入ってないわ」

「重曹は、水で溶いて後から入れてくださいね」
という先生の説明にも

「ええっ、粉の中に重曹も入れちゃったよ。どうしよう」
「まあ何とかなるかも」
等などと珍道中ならぬ、珍何とかでしたが、
失敗もなんのそのおいしい利久饅頭が
できました。

「膨らんまんかったけど、もちもちと
意外とおいしいな」
「こっちは、うまいこと膨らんだな。
売れるかもしれんよ」と楽しくできました。

さっぱりさわやか「葛だんご」おいしかったです。

2010-08-28
毎日毎日厚い日が続きます。
暑い、暑いと言っても涼しくなるわけではないですが、今年の暑さは
格別だなあと毎年言っているような気がします。

8月19日(木)この暑さを乗り切り元気を取り戻そうと
さっぱりさわやかな夏のお菓子と言えばやっぱり
葛餅かな?
そこでひと工夫してだんごにしてみました。

さっぱりとした  ゆず味
さわやかな   梅酒味
色目も鮮やかな 抹茶味、キャロッツ味

いたって簡単なんですが、葛粉を火にかけて混ぜるのが
大変!お嬢様ではちょっと無理かな?
というくらい力がいるんです。

出来栄えはとっても色鮮やかでおいしかったです。

毎年恒例玉木先生のレクレーション楽しかったです。

2010-08-07
後出しじゃんけん
競うゲームは力が入ります。
毎日厚い日が続きます。
毎年恒例の玉木純一先生のレクレーション講座を開催しました。
8月4日(水) 日時は、早くに決まっていたのですが、案内の送付
が遅くなったことと皆さんお盆まえということもあり、予定が重なって
と言われる方が多かったため例年よりも参加者数は少し少なかった
のですが、なかなか楽しかったです。

レクレーションについてのお話では、いかにを楽しむかということ、他人と
ふれあうということ、楽しい時間を持つことが毎日の生活にどんなに
活力や気力をもたらしているのか。
そして何より認知症の予防になるということです。

後出しじゃんけん
 先生より1歩遅れて出すわけだから間違えることもないと思うんです。
 ところがなぜか間違えてしまうんです。不思議と。

 最初は、同じもの「ほい、ほい」と言いながら出すパターンです。
 何だ簡単じゃない。これを間違えるのではちょっとね。
 
 次は、勝つ物を出すパターン
 「ほい、ほい」と流れに乗れないとときどき「あっしまった。」ということも
 あります。

 そしてなにより難しいのは、負ける物を出すパターンです。
 ちょっとでは考えられないんですよね。なかなか・・
 本能なのかどうしても勝つ物を出してしまんです。

体を使うことだけではなく、頭も使うし、他人ともふれあうし、わいわい
ガヤガヤ、知らず知らずのうちに大きな声を出していたり、喜んだり
残念がったりと短い時間の中でいろいろな感情が凝縮されている時間
でした。

終わった後は、何となく心地よい疲労感を感じられました。
ご飯がおいしく、夜もぐっすり眠ることができます。

ご寄付を頂きました。

2010-07-21
ある日、「ご寄付をされたいというNPO法人がありまして、
受取されますか。」と突然郵便局員さんが来られました。
訳が分からずぽか〜んとしていたら、島根県の水道の
検針器作っているNPO法人で障害者・高齢者の支援を
しているNPO法人への寄付をご希望されており、一粒の麦が
その中に選ばれました。趣旨に賛同されて受取をお願いします
ということです。
なんだかよくわかりませんでしたが、受取の印押し、ご寄付を
有り難くいただくことにいたしました。

はがきと切手で早速あんしんすこやかの案内に使わせていた
抱きました。

NPO法人 パーソンズサポートというところで松江に事務所の
ある法人でした。
設立5年目ということで、一粒の麦と同じころだなと思うとすこし
親近感がわいてくるようでした。

なかなか自分のところで精一杯で他の法人へ寄付をしようという
状況にはならない現実です。
しかしながら、頂いたご支援・ご声援を今の私たちでできる形で
地域の高齢者・障害者の福祉に還していきたいと考えています。
そして、パーソンズサポートさんのように他法人との連携・支援が
できるよう頑張っていきたいと思います。

NPO法人パーソンズサポート様
ご支援本当にありがとうございました。

クック倶楽部 「生八つ橋」を作りました。

2010-07-17
材料は、上新粉・白玉粉・きな粉・あん
なかなか四角くならないものです。
出来上がり。
今月のクック倶楽部は「生八つ橋」を作りました。

白玉粉と上新粉を使って意外と簡単でした。
「売っているのと変わらない。おいしい」と好評でした。

白玉粉と上新粉をレンジにかけて突くように混ぜるところが
大変だったかな。これが意外と力がいるんです。

出来上がりは上々でした。

特定非営利活動法人

一粒の麦
〒682-0803
鳥取県倉吉市見日町491番地
TEL.0858-23-1505
FAX.0858-23-2035

───────────────
●成年後見支援活動
●居宅介護支援事業所
●福祉ボランティア活動
  あんしんすこやか研修会
●福祉ボランティア活動
  70代からのパソコン教室
───────────────

●一粒の麦はココです!
TOPへ戻る